本文へジャンプ

ぶどうについて

ぶどうの栽培手順

1. 剪定【3月~】

余分な枝や、作業効率の悪い枝等を伐採する。

2. 棚付け【4月~】

剪定後の枝の先端を棚(果樹園中に張り巡らされた針金)に、今後の伸びる新枝を考慮し、空間を考えながら固定する。

3. 房切り

房を適切な長さに調整する。

4. ジベリン処理

粒の成長を促す成長剤を手作業で1房ずつ塗布する。

5. 摘粒

不要な粒を取り除き、形を整える作業。

6. 袋かけ・笠かけ

害虫や病気から実を守るため、1房ごとに専用の袋をかける。肩の部分が日焼けして変色をしないように、袋の上から笠もかける。

7. 収穫・出荷【9月中旬~10月末】

大きく、おいしくなったら収穫し、お客様の元へ出荷。保存が効かないため、当日収穫・当日出荷。

↑